絵を描くときは

モチーフを探して

どこで出会うかわからない

私はいつもモチーフ探しをしています。

絵を描く発想はどこから出てくるかわからない。数日前に見た景色かもしれないし、何年も前に見た動物かもしれない。だから、経験することは大事。何も無い状態からは何も生み出されない。経験したことから生み出されるのだと思います。

ただし、漫然と生きているだけではいけない。発想は、あの時あの光景が良かったな、というところから浮かんできます。いつも「あ、いいな」と思うものは写真に撮るように心がけています。その瞬間を見逃さないようにしたい。

撮っていた金魚の写真から着想を得て絵を描いたもの。

風景や動物だけではなく、絵画やイラストレーション、映画やテレビなどからも「いいな」と感じるものを心に留めておきたいと思っています。

それが後々の絵の材料になるかもしれないから。

そんな出会いはいつあるかわからない。だからいつも感覚を研ぎ澄ませています。見つけるのは旅行に行った時だけではありません。ぶらぶらと家の周辺を歩いている時かもしれないし、ちょっとした買い物に行った時かもしれません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中