絵を描くようになったきっかけ

小さいころの私 絵を描く始まり

生き物の造形に惹かれていた子ども時代

小さいころから絵を描くのが大好きでした。ただ、絵を描くことの作業自体が好きというよりも、絵を描く対象に興味がありました。

動物や植物という自然の生き物が大好き。 昔から生き物の造形にものすごく惹かれていました。特に小学生、中学生の時は動物の番組は欠かさず見ていました。

生き物の生態やその一生を紹介するテレビを見ては、スケッチメモを描いていました。子どもの時はこんな形態で、成長するとこうなって、オスとメスはこんな色の違いがあって…というふうに。

世界の国々の景色を見るというような番組も好きでした。海や川や山の景色、色々な国の建物…世界には美しいものがたくさんある。その美しいもの全てを自分のものにしたい…

それはできないから、自分で絵を描こう。そう思ったのが絵を描く始まりでした。

その頃は今以上に夢中になって描いていました。どんなに描いても描いてもその対象には近づかない…。その圧倒的な美しさを自分のものとすることの難しさはその時から感じていました。

私にとって絵を描くことは、世界のあらゆる造形を自分の心の中に入れる、ということ。それは今でも簡単なことではないけれど、その考え方は今も同じです。


ペットを飼いたくて仕方なかった

それに関係してか、子どもの頃からペットを飼っていました。最初はハムスター。親は反対でしたが、どうしても飼いたかったので、親に黙って買って帰りました。どうしても飼いたい気持ちがおさまらなかった。もちろん、帰って見つかった時はものすごく怒られました…。リスもウサギも飼いました。犬も親に飼いたい飼いたいとせがみ、やっと飼えるようになりました。

でも、好きなのは動物の造形。世話に関してはまるでダメでした。扱いが下手で懐くどころか嫌われて逃げられるばかり。犬もほとんど親が面倒をみていました。

後になってから気がつきましたが、私は動物を「飼いたかった」のではなく動物を「ずっと見ていたかった」だけなのだと思います。

動物には悪いことをしました。私は動物が大好きだけど飼えない人間なんだと自覚して、見たくなったら動物園に行くことにします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中