絵を描くときは

魅力的な絵を描くには

前に大学で、先生から「魅力的な画面を作ることが何よりも大切」と言われたことがあります。絵を描く時には、魅力的な絵を描けるように努力する必要があります。

魅力的な絵とは何なのか…

そこから、考える必要があります。

私も、それを聞いてすごく悩みました。絵の魅力とは人それぞれ好みによって違って、良い悪いは自分では判断できないと思っていました。見る人が判断するものであって、自分は出来る限り精一杯の絵を描くしかないのだと思っていました。でもその考えは間違っていた。

他人が思う魅力的な絵は千差万別。たとえ万人ウケする絵を描いたとしても、自分が満足いかない絵だったら、それは画家とはいえない。それでは魅力的な絵とはどういうものなのか。

私は突然気がつきました。それは、「自分が魅力的だと思う絵を描くこと」。

他人のことは自分にはわからない。自分には自分のことしかわからない。だから、自分が魅力的と思う絵を追求するしかない。

その追求は果てしないものです。自然の美しいと思う現象を絵にしたり、他の作家の魅力的な部分が自分にとってどこなのかを見つけて、それを自分の絵に取り込んだり、画面全体のバランスの中で自分が美しいと思うポイントを発見したり。その追求をするのが画家なのです。

そうして描いて行くうちに、その絵が魅力的と思ってくれる人が出てくるかもしれないし、出ないかもしれない。でも自分なりの魅力を追求した絵ならば、何かしら観た人に伝わるはず。追求する姿勢とその結果の絵だから魅力的なのです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中